全身脱毛でホルモンバランスが崩れるのか?

全身脱毛でホルモンバランスが崩れる、ということはありません。全身脱毛に使われるレーザー脱毛では、黒に反応して熱を生み出すレーザーを照射し、毛に発熱させて、その熱を通じて毛根にある毛母細胞を破壊するという方法をとっています。その際、ホルモン分泌やホルモン運搬に関係するリンパや血管に影響はないため、ホルモンバランスがそれによって崩れるということは考えられません。

 

 たぶん、全身脱毛によってホルモンバランスが崩れるという話が出るようになったのは、発毛とホルモンが関係しているからでしょう。たしかに、ホルモンの変化によって、発毛したり、体毛が濃くなったり薄くなったりはします。ホルモンによって発毛状況が変化するのは事実です。しかし、発毛状況がホルモンバランスに影響を及ぼすという逆パターンがあるかというと、その心配はありません。ホルモンは発毛状況を制御していますが、発毛状況がホルモンを制御することはないのです。

 

それゆえ、全身脱毛をしたことが、ホルモンバランスを崩すことにはなり得ません。そうした研究結果の報告もありませんから、安心してかまいません。ただ、ホルモンバランスは、ストレスで簡単に乱れてしまうものです。レーザー脱毛を続けることにストレスを感じないように注意することは大事です。施術機関を決めるときには、雰囲気が良く、快く通い続けられるところを選ぶべきですし、施術後の運動や入浴を控えたりすることも大事です。レーザー照射で皮膚は多少なりとも影響を受けていますから、しっかりとケアすることも必要です。施術そのものや、施術結果にストレスを感じないよう、適切に対処していくことです。全身脱毛して、かえって毛が濃くなったり太くなったりした、というケースも時にはありますが、これもホルモンバランスの崩れによるものではありません。こうした症状が起こる原因は不明ですが、皮膚や毛穴が受けた刺激によるとされており、ホルモンバランスとは関係がありません。